今日のルビー17JY0045

17JY0045-1

モリスルビー17JY0045

17JY0045

カラット0.42ct
Origin(産地)Myanmar
Quality(品質)jewelry quality
Cut(カット)Mori’s SG cut
Size(サイズ)5.7㎜/3.7㎜/2.4㎜

変わった形と美しい色、艶を持つのルビー

この変わった形と美しい色、艶を持つのルビーは、研磨作業前の議論から始まった。形は歪だが、結晶の美しい原石をどの様な形にすれば良いのか?通常のオーバルの形にすれば、0.3ctギリギリか、少しのミスで0.2ct台になってしまう原石でした。モリスシンギュラリティカットの形を決めるミヨテ、そして研磨を担当する熟練工のゾーミンチョーと、どの様な形にすれば良いのか?かなりの時間を話し合って、「原石の形をそのままに、ただ磨こう」という結論に達しました。どこも削り落とさずに、ただ原石の形に沿って磨いてみよう、そして完成したらもう一度、どうすれば良いか考えよう…と研磨作業がスタートしました。凸面の研磨作業は容易ですが、凹面の研磨作業は困難を極めます。結局、最後には写真上部の出っ張った部分を削り取ってしまうなら…この作業に意味はあるのか?私たちは、考えました。しかし、やってみなければ分かりません。

こんな形のルビーは見たことがない

時間が経って検品する段階で、この面白いひょうきんな形を見たとき、3人とも笑顔でした。こんな形のルビーは見たことがない。研磨したゾーミンチョーが「モリスシンギュラリティカットが無ければ、一生こんな形のルビーを見ることはなかった…」とつぶやいた時は素直に嬉しく感じました。自然の造形美である宝石ルビーは、そのままで芸術品なのだ、ということを再認識させてくれたルビーです。このルビーは、結び目「ノット」をコンセプトにした指輪に装着されました。結び目の形、構想は太古より欧州では、愛を表す「ラバーズノット」、強い、固いことを意味する「ヘラクレスノット」など様々な結び目を、結ばれている、離れないこと絆の象徴として使われてきました。モリス銀座店店長の梅澤が、このルビーをみて「結び目」で包んであげたいと感じて生まれたジュエリーです。ジュエリーの形、構想にはいろいろと伝統的なものがありますが、変わった形の原石を磨くところからのストーリーと、そのルビーを見た時に感じ、そのルビーが発するメッセージを受けてジュエリーを創っていく。モリスルビーのジュエリーの製作は、そのルビーの結晶が持つ個性を感じるところからスタートします。

nclusion (ルビーの内包物)

天然ルビーは、自然の恵みであり唯一無二の個性を持っています。それぞれの結晶の中に内包されるインクルージョンはそのルビーの個性を表します。またこのインクルージョンは、原産地、処理の有無を判定する際の重要な手がかりとなります。

Inclusion (ルビーの内包物)

天然ルビーは、自然の恵みであり唯一無二の個性を持っています。それぞれの結晶の中に内包されるインクルージョンはそのルビーの個性を表します。またこのインクルージョンは、原産地、処理の有無を判定する際の重要な手がかりとなります。

ルビーのお問い合わせはこちら

ルビーについてのご相談なら何でも大歓迎!お問合せ・来店予約はこちら

関連記事

ルビー専門店モリスルビー/ミャンマー産天然無処理ルビーの画像

モリスルビー15FY0003

2月9日今日のルビーをご紹介いたします。
ルビー専門店モリスルビー/ミャンマー産天然無処理ルビーの画像

モリスルビー18JL0031

3月8日今日のルビーをご紹介いたします。
ルビー専門店モリスルビー/ミャンマー産天然無処理ルビーの画像

モリスルビー11DR0155

3月7日今日のルビーをご紹介いたします。