今日のルビー18AT0069

18AT0057

モリスルビー18AT0069

18AT0069

カラット0.34ct
Origin(産地)Myanmar
Quality(品質)jewelry quality
Cut(カット)MORI’S SG cut
Size(サイズ)5.5mm/3.4mm/2.7mm

このルビーの持つ魅力を表現したくて

ミャンマー産ルビーとして、理想的な色目のルビーの原石をモリスシンギュラリティカットで、このルビーの持つ魅力をしっかり表現できたと思います。このルビーを上から見た時に、テーブルの右下側に黒い影のようなものが見えると思いますが、これは、シルクと呼ばれる針状のルチルの結晶が密集して内包されているものであり、少し透明度に影響を与えていますので、ネックレス、ピアスなどのジュエリーに使うと良いでしょう。ティアラなどのロイヤルファミリーのジュエリーに使われているルビーにも、このようなインクルージョンが内包されたルビーは、良く見かけま気にされることはないでしょうこのルビーが教えてくれること…内容物が無いことが良いことだとされるダイヤモンドを見慣れてしまった方は、ルビーを選ぶときに気を付けなければなりません。人為的な処理をして美しさを改良したルビーを比べて、どちらが良いか?と見た目で選んでしまう人が多いのが残念です。

天然無処理のルビーと、加熱処理をしたルビーは、全く別のもの

処理をしたルビーと天然無処理で美しいルビーは両方とも「天然」由来だと呼んでいいことになっていますが、違うものであり、宝石としての価値には雲泥の差があります。宝石品質判定をする場合に使う、クオリティースケール(品質を見分ける際のモノサシ)も、天然無処理のモノと、加熱処理をしたものでは、全く別のものを使います。要するにルビーという同じ名前であっても「違うもの」として認識している訳です。インクルージョンや、見た目の美しさの優劣について話す前に、それが天然無処理で美しいのかどうか?の方が遥かに重要な課題です。少し美しさに影響するインクルージョンがあっても、人工的に合成されたものや人為的に加熱などの処理をして美しさを改良したもの天然無処理のルビーだと思って購入してしまうことに比べると、大した問題ではありません。そのルビーに個性として愛でてあげたいところです。

Inclusion (ルビーの内包物)

天然ルビーは、自然の恵みであり唯一無二の個性を持っています。それぞれの結晶の中に内包されるインクルージョンはそのルビーの個性を表します。またこのインクルージョンは、原産地、処理の有無を判定する際の重要な手がかりとなります。

ルビーのお問合せはこちら

ルビーについてのご相談なら何でも大歓迎!お問合せ・来店予約はこちら

関連記事

ルビー専門店モリスルビーの【毎日更新今日のルビー】ルビーNo,  21MYM002の画像

モリスルビー21MYM002

10月21日今日のルビーです。
ルビー専門店モリスルビーの【毎日更新今日のルビー】ルビーNo,  21MYM004の画像

モリスルビー21MYM004

10月22日今日のルビーです。
ルビー専門店モリスルビーの【毎日更新今日のルビー】ルビーNo,  07JE0113の画像

モリスルビー07JE0113

10月20日今日のルビーです。