ルビーの産地を見分け方

ルビーの産地を見分ける方法

 

皆さんこんにちは、モリスルビーの森です。私たちはルビーの宝石商です。今日から少しづつ、宝石ルビーの見分け方について皆さんにお伝えしてまいります。どうぞ、お付き合いください。

今日はルビーの産地を見分ける方法をお伝えします。前回は、ルビーが産出する原産地についてお話ししましたので、ご興味がある方は、そちらを概要欄にリンクを貼っておきますのでご覧ください。

宝石ルビーは、原産地によって価値が大きく違ってきますので重要です。ミャンマー産ルビーに紫外線を当てると蛍光反応をします。それで見分けるのが一番手軽な方法です。さあ、この365nmの紫外線を出すライトを使って実験してみましょう。はい。こちらがアフリカ産の原石、そしてこちらがミャンマー産の原石です。如何でしょうか?反応が全く違います。ミャンマー産の原石が鮮やかな赤色に蛍光反応しています。カットした後のルビーでも見てみましょう。はい、こちらがミャンマー産ルビー。こちらがアフリカ産ルビーです。同じルビーなのに、なぜこのような違いがあるか?それは?ルビーが結晶する時の環境違うからです。母岩、お母さんの岩と書きますが、その母岩が違います。この色の濃い岩石と、この真っ白い岩石の両方でルビーは結晶します。この色の濃い岩石は、玄武岩で白い方は接触変成岩、石灰質のいわゆる大理石です。ミャンマー産ルビーの母岩はこの白い大理石であり、鑑別書と呼ばれる書類には玄武岩と分けるという意味で非玄武岩起源とかかれます。…という訳で、ミャンマー産ルビーはカルシウムの白い岩…いわゆる大理石を母岩として結晶します。その母岩が、どこから、やってきたのか?については、また別の機会にお話ししたいと思います。白い母岩…いいですね。お母さんからして美しい…。という訳で今日の話は、ここまでと致します。本日の動画をご覧になり、ご興味を持っていただけましたら、こちらでお待ちしております。また、チャンネル登録といいねボタンを押していただけたら幸いです。

ご視聴ありがとうございました。また次回お会いしましょう。

関連記事

ミャンマー産ルビーのインクルージョンについての画像

ミャンマー産ルビーのインクルージョンについて

今回はミャンマー産ルビーのインクルージョンについてお話したいと思います。
ミャンマー産ルビーが特別な理由の画像

ミャンマー産ルビーが特別な理由

今日はミャンマー産ルビーは、どうやってできたのか?なぜ特別なのか?についてお話したいと思います。
ルビーの特徴や原石についての画像

ルビーの特徴や原石について

今日は宝石ルビーの特徴や原石についてお伝えいたします。人類に最も長く愛されている宝石だということは前回の動画でお伝えしましたが。今日はもう少し詳しく、宝石ルビーとは何か?についてお話いたします。